愛知県内の振り込め詐欺(恐喝)認知被害額 26億円超

平成28年9月までの愛知県内で起きた振り込め詐欺(恐喝)認知被害額

26億7千6百18万円(被害件数840件)

愛知県警察 平成28年特殊詐欺の認知状況

※全国では297億3千万円(被害件数10,093件)

いわゆる「オレオレ詐欺」という名称は2003年の鳥取県米子署での事件を契機に出来た言葉とされています。

そこから、数えても13年

いまだに愛知県内だけでも多くの被害者が出ています。

 

そんな中、岡崎市に本店を置く岡崎信用金庫さんは、

11月1日より新しい振り込め詐欺防止対策を打ち出しました。

岡崎信用金庫キャッシュカード振込機能の一部利用制限

内容:平成28年11月1日より70歳以上かつ、ATMで3年以上キャッシュカードによる振込みをされていない口座のお客様からのキャッシュカードによる振り込みができなくなる対策

(全国初の取り組み)

 

この様に警察、金融機関の取り組み強化により、少しずつ被害が減ってきてはいますが

まだまだ、被害額が大きすぎると思います。

やはり、地域や家庭などで振り込め詐欺に対する認識を深めて

みんなで岡崎市から振り込め詐欺を根絶していきたいですね。

bouhan_tirasi pdfkyattifure-zu-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です